ダイヤモンド鑑定士による買取取引を

ダイヤモンドにも色んなタイプがあり、そのタイプによって買取の金額が違うということがあります。グレード(品質)によって評価が違いますから、それによって査定額に違いがあるのです。 しかし、ダイヤモンドの買取には相場というものがあり、その相場が基準となってプラス査定になったりマイナス査定になることがあります。プラス査定になる基準は保存状態がよかったり、人気のあるブランドだった場合など、マイナス査定になる基準はその逆の場合です。 しかし、それらを含めてトータルで見ても査定額に納得がいかないという場合は、買取専門店に鑑定士の資格を持ったスタッフがいない場合があります。適正な買取値段をつけてもらうためには、やはり資格を持っているスタッフがいるか、いないかが重要なポイントになってきます。 もちろん、資格を持っていたとしても経験不足が理由となって査定額が適正ではないと感じることもあるでしょう。その場合は別のスタッフに相談するなり、他の業者にも買取査定を依頼するなど、解決法を見出していくことをオススメします。 この金額で本当に合っているのだろうか、と疑問に思ったまま取引してしまうと後悔する事が多いので、少しでもおかしいと思った場合は一旦査定を取りやめることも必要です。

Page top icon