南アフリカのダイヤモンドラッシュ

1867年になると、南アフリカでもダイヤモンドが発見されました。そのきっかけになったのは小さな子供なのです。その子供が川の堤で遊んでいるときに見つけた綺麗な石がダイヤモンドだったのです。鉱物学者であるゲイボン・アーサストーン博士がダイヤモンドと鑑定したのです。このとき発見されたダイヤモンドは「ユーカレ」という名前がつけられましたが、意味は「我発見せり」というギリシャ語が語源になっています。これによってアフリカのダイヤモンドラッシュ時代が始まります。 植民地全体にダイヤモンド発見のニュースが広まり、多くの農民たちは綺麗な小石を見つけることに夢中になりました。その中で、とある少年が83.5カラットものダイヤモンドを発見したという驚きのニュースが飛び込んできたのです。このとき発見されたダイヤモンドには「スター・オブ・サウス・アフリカ」と名づけられました。南アフリカの星という意味合いがあるようです。 ダイヤモンドに詳しい方なら「ユーカレ」や「スター・オブ・サウス・アフリカ」など名前は聞いたことがあるかもしれません。ダイヤモンドの買取を検討しなければ、このようなダイヤモンドの歴史を知ることはなかったという方もいることでしょう。

Page top icon